calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

安否確認

JUGEMテーマ:地域/ローカル



研修生の山田亜矢子です!


蒼生舎・農場のある畔田地区では、
先日の台風の影響による大きな被害は
ありませんでした。


電話やメールを下さった皆様
ありがとうございますm(_ _)m


↓農場は無事です。



農場からは、救出活動のヘリコプターが
たくさん飛んでゆくのが見えます。


孤立してしまい、連絡の取れない地域
の方々の安否が気になります。


どうか、御無事でありますように。


0

    脱皮〜

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    研修生の山田亜矢子です!

    こんなん見つけました〜

    ↓バッタの脱皮〜

    バッタ

    上の白いのが脱げ殻。。

    脱皮する生き物は、色々いますが、
    どうやら、バッタも脱皮するようです!

    細部まできれいに剥けています。
    おやつ感覚で食べれそう。。

    0

      梅雨に入りましたね

      豚担当の大鶴です。


      本格的な梅雨に入りましたね。
      梅雨に入った途端
      まさか最初から台風がやってくるとは思いませんでしたが。
      梅雨前線と台風の影響で近畿にはかなりの雨が降ったようです。



      毎年梅雨はやって来ているのですが
      変にから梅雨だったり、
      大雨が降り続いたりと
      だんだん極端になっているようです。
      落ち着いた梅雨は昔の話になってしまいましたね。



      いつ頃から殺人的な集中豪雨が降るようになってきました。
      梅雨の長雨や台風ばかりでなく
      局所的な大雨にも注意しなければいけません。



      蒼生舎がある山にもたくさん雨が降りました。
      あちこちの山の際で水が湧いています。
      ちょうど田んぼを代かきする時期。
      水は遠慮なく使いたいから 都合はいいのですが、
      ずっと雨ばかりだと他の畑のことが出来ないので困ります。



      うちの田んぼは 耕耘機が故障をしていて
      修理が終わりちょっと遅めの出動で 
      これから田んぼの仕事に精を出します。



      田植えは6月の半ばぐらいになりますが
      そのころの天気はどうなっているのでしょうか。



      梅雨はじめじめして暑くなってきて 気が滅入るのですが
      夜へだんだんと暗くなっていくと
      川沿いに淡い光を放つ蛍が現われ
      幻想の世界に誘います。
      ここらにいる蛍は
      ゲンジボタルのような大きめの蛍と違い小さめです。



      また、蛍の観光地のように
      わんさか乱舞しているわけではありません。
      5,6匹がふわふわと飛んでいたり、
      奥のほうの木々から光を点滅していたりと
      その振る舞いは質素です。



      車を止めて
      ちょっとだけウインカーを点滅させると
      周りから蛍が飛んできます。



      目の前に飛んでくるのは
      淡い光の粒だけで虫の形はわかりません。
      捕まえようとして手を伸ばして
      もふわりと避けていきます。



      子供のころ
      父と一緒に蛍を捕まえに行ったことがあります。
      夜なので一人では危ないという事だったのでしょう。
      それは一回きりでしたが
      蛍というとそのことが思い出されます。


      (大鶴 健司)


      0

        将来はともかく

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        工場長の上西です。


        「直ちに健康に影響を及ぼす値ではない。」
        ということで、放射性物質の垂れ流しが続き、
        大気放出、土壌汚染、海洋汚染は、
        日常と化してきており、


        さらに長期化は避けられない
        という酷い状況を迎えています。
        作物も陸や海の生物も汚染され続けます。


         「放射性の微粒子が体に入ると、
        体にとどまるため、継続して被ばくを受ける。」
        (矢ヶ崎琉球大学名誉教授)ので、
        土壌や海洋生物の放射能汚染と累積は深刻な問題です。


        テレビに出てくる専門家の多くが、
        放射能の累積が健康被害を及ぼす可能性については触れたがらずに、
        「チェルノブイリとは違う」ということだけは言い添える傾向があるのは、
        仕方がないことです。


        彼らは、原子力に関わる学問を選び取り、
        それで食べてきた利害関係者なのですから、
        この原発事故が起きてさえ、
        できるだけ原発を否定的には言いたくない専門家であることを
        頭の隅に置いておかなければなりません。


        機械でも乗り物でもどこか故障すれば、
        私が原因を解らないにしても、
        メンテナンスの方を呼んで、点検してもらい、
        故障箇所を特定し、損傷を修理し、
        あるいは交換して直すことができる。
        これが、技術というものではないでしょうか。


        一人の技能に頼らなくても、
        習得すれば多くの人にできる
        という体系ほど優れた技術といえます。


        この間、
        事故によって惹き起こされた様々な事象が
        政府や保安院や東電から発表されていますが、
        損傷箇所や原因について

        「・・・と思われる」

        「・・・の可能性がある」

        といったものが殆どです。


        損傷箇所を特定できないのですから、
        対策も明確でないのは当然です。
        推測で対応するが、近づくことができない。
        これは、技術と呼ぶに値するのでしょうか。
        未完の技術でありながら、
        利潤・利権・利便を優先して
        原発を推進してきたというのが実態でしょう。


        この事故を惹き起こした原因として、
        津波による電源喪失が強調され、
        地震そのものには福島原発は耐えたと言われてきましたし、
        後の損傷は水素爆発が原因との報道がなされていました。


        4月24日の1号機の原子炉格納容器に
        水がたまっているという報道内容の中に

        「東電によると、
        ・・・・・・圧力容器と直結する配管などが地震で損傷し、
        格納容器に水が漏れ出ている可能性が考えられる」と、
        サラッと「地震で損傷」と記されています。


        高濃度の放射能汚染水が出たコンクリート製立て抗の亀裂にしても、
        津波や水素爆発の影響で出来たとは思えないのですが。


        津波による影響なら、また、水素爆発が原因なら
        問題が無いかのようにとれる発表がなされているのは、
        これまで原発には耐震性があると言い続けてきたということと、
        この地震国で原発を維持していく上で、
        地震による直接的影響があっての事故と認める訳にいかないのでしょう。


        いつになるか判りませんが、
        今回の事故に地震が与えた影響について、
        必ず 検証して欲しいものです。

         (上西 俊)


        0

          お花見☆

          太陽が大好きだ!!

          研修生の山田亜矢子です!!

          町の畑へ、じゃがいもを植えに行ってきました。

          ↓町ではもう桜が、えぇ〜感じ〜

          桜

          ちょっと失敗した、手作りベーグルに、、
          蒼生舎のロースハムスライス、チーズ
          菜の花のゆがいたんをタッパーに入れて

          ↓桜の木の下でお昼〜

          ベーグル


          こんな良いお天気に、畑で桜を見ながら
          美味しくお昼食べる〜

          なんと幸せなのでしょう☆


          0

            責任逃れの「想定外」

            JUGEMテーマ:地域/ローカル
             
             
            明治三陸地震(1896年) 死者・不明者 22,000人  
            津波の高さ 岩手県気仙郡吉浜村(現:大船渡市) 22.4m
                           同郡綾里村(現:大船渡市) 21.9m 
                                     最高    38.2m
             
            昭和三陸地震(1933年) 死者・不明者 3,064人  
            津波の高さ 岩手県気仙郡三陸町(現:大船渡市)綾里 28.7m
             

            今回の東北地方太平洋沖地震では、
            津波についての調査が開始されたばかりですが
            壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町で
            16mに達していたことが確認されています。
             

            管首相 3月12日会見 
            「今回の地震が、従来想定された津波の
            上限をはるかに超えるような大きな津波」


            東京電力社長 3月13日会見 
            「(福島第1原発事故の原因とされる)津波の規模は、
            これまでの想定を超えるものだった。」


            原子力安全委員会 斑目委員長 3月23日(12日間会見拒否後)
            「電源の喪失は深刻で予想を超える早さでトラブルが次々発生、
            技術陣の対処能力を超えた」
            「震災時にも電源を容易に確保できるなどの耐震機能が必要だ。」
             

            原子力安全委員会 入倉耐震設計特別委員長 3月27日 
            「「想定越えは常にあり得るという設計思想が、
            津波に対しては浸透していなかった。」

            「今回の事態を見ると、
            今まで言ってきたことは何だったのかという気がする。」

            「地震と違って過去に津波被害はなく、
            コンセンサス(合意)を得るのは難しかった。」
             


            福島原発事故、長期化しそうです。
            放射性物質濃度の、
            時々の数値だけを発表してさも情報を公開しているように装い、
            「直ちに影響を与えるものではない」とばかり繰り返していますが、
            事故以来ずっと放射性物質は出続け、空も海も土も汚染し続けています。


             
            「安心の場」瞬時に暗転 避難場所で夫死亡(3月27日毎日新聞配信記事)

            地区指定の避難場所 岩手県大船渡市立大船渡小学校 に津波。 
                           大船渡小学校・・・標高 約8m
             
            過去に、20mを超える津波が襲っている地区の避難場所が標高8mにある。
            他にも、避難場所にいて被害にあった死亡者多数と思われる。詳細不明。
            耐震設計の施された公共の建物なら標高に関係なく避難場所に指定できるのか。
            標高40m以下の建物は、避難場所の指定から除外すべきと思えるのですが。 

             (上西 俊)

            0

              春へ

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               3月も半ばになりました。

              寒かったり、すごく暖かかったりと

              気温の変化が大きくて、

              体にこたえますね。

               

              それでも 2月14日ほどの大雪は

              もう降ることはないだろうと思えます。


              季節は春へと向かっています。


              ふきのとうの天ぷらも

              もう何回か食べました。


              菜の花のからし和えも 美味しい。

              春の味は 香り高く ほろ苦い。


              山に暮らして 良かったなと思います。


              今村 直子

               


              0

                お雛さん〜

                JUGEMテーマ:地域/ローカル
                研修生の山田亜矢子です!!

                我が家のお雛さんは、
                飼い猫にもてあそばれ、
                かわいそうやった記憶があります(笑

                ↓農場のお雛さん
                ひなまつり

                手先が器用だった、卵担当・今村の
                お父さんが作らはった物。
                実は、チョークでできているのです!!
                小さくてかわいい〜

                ↓豚のお雛さん
                お雛様

                これも小さくてかわいい(笑


                ↓ケーキでお祝い〜
                ケーキ

                美味しい夕飯とケーキで、
                女子の節句を満喫しました♪


                0

                  薪ストーブ

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  研修生の山田亜矢子です!!

                  農場では薪ストーブを使っています。
                  こちらに来て間も無いころは、
                  火を点けるのに手間取ったものですが
                  今では、夕飯を作る合間に
                  ささっと点けれるようになりました〜
                  日々成長〜

                  その辺に落ちているスギの枯葉と
                  小枝を拾っておいて、種火にし、
                  薪をくべると、めっちゃ暖かくなりま〜す

                  餅つきの時はこの薪ストーブで米を蒸し、
                  お湯を沸かし、煮炊き物に使います。
                  火が弱まってから、お芋を
                  アルミ箔で包んで入れておくと、
                  じっくり火が入って翌日食べられます。

                  灰は取っておいて、畑に蒔きます。

                  最近は、オール電化人気だそうですが、
                  私は、火のある家に住みたいです。

                  火と電気では、
                  暖かさの種類が違うような気がするのは
                  私だけでしょうか??

                  そうだ!!こういう時こそ、スープを作ろう!!

                  ↓鶏ガラ〜
                  鳥ガラ

                  去年皆で潰した、鶏肉はとっくに食べましたが、
                  ガラは冷凍庫で待機中〜

                  もう少し楽しめそうです♪


                  0

                    おひなさん

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    研修生の山田亜矢子です!!

                    先日海南駅へ行った時、
                    こんなん飾ってありました〜

                    ↓おひなさん
                    おひなさま

                    ↓何とこんなに!!
                    おひなさま


                    絢爛豪華な、合同結婚式〜
                    約30人官女に、約50人囃子〜
                    目がチカチカしますが、ド迫力でした(笑


                    0
                      | 1/13PAGES | >>