calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

茶色ぶた

JUGEMテーマ:地域/ローカル

子豚を見ると癒されます☆
研修生の山田亜矢子です!!

農場で飼育している、父豚は茶色で
母豚は白い品種です。

産子数、子豚の強さ、成長の速さ、
肉質、をより良くするために、
品種を掛け合わせるという、
古くからの、人間の知恵です。

時々、ウリボウ模様のや、
斑模様も産まれます。

↓そして、茶色豚も♪

こぶた


白豚もかわいいけれど、茶豚は
なんか、特別にかわいい♪

同じ母豚から産まれても、茶色も白も混ざっており、
なぜか、茶色豚の方が、少ないのです。

中学の時、理科で習った
メンデルの法則というやつでしょうか?

↓美味しいハムになるのだよ〜

子豚


0
    コメント
    最後の「おいしいハムに・・・」の件、リアルですね(笑)
    • はる
    • 2011/04/13 10:12 PM
    >はるさん
    農場ではリアルに食べるための豚を飼っているのです☆子豚を見ていたらかわいいし、正直、我々がやっていることは残酷やし、かわいそうやと思う。
    でも、実際、母豚から、プラスチックトレーにキレイに盛られた肉で出てくるわけでは無いのよね。。
    スーパーでライトをあてられ、華々しく、商品としてかわれる豚肉の背景には、途中で死んでしまう豚、ちゃんと成長する見込みのない子豚は、我々で殺処分しているのです。。
    農場に来てから、生産者と消費者との距離を思い知りました。
    規格外の野菜はスーパーに並べてすらもらえません。。キレイの裏側には何がるのか、、もっと生産者と消費者の隔たりのない世の中にしたいです!!
    • 山田亜矢子
    • 2011/04/14 7:42 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック