calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

蒼生舎のお得な商品

飼育方法や製造法といった違いから、
蒼生舎の商品の価格が決して高いものではないということは、
おしらせを読まれておられる方には、
既にお判りのことかと思いますが、


その中でも、私が個人的に、
お得な商品として勧められるものはこれらです。


豚肉では、
徳用スライス・・・豚ウデ・バラ肉のスライスがたっぷり(260g)
入っていて、使いでがあります。


スーパーの同じような徳用スライスに比べると
脂肪も少ないことが多いです。
煮物にも炒め物にも使用して、
残れば冷凍保存して、また使いましょう。


牛肉のホルスタイン種では、
赤身切り落とし・・・品名どおりの赤身で満たされたパックです。
脂肪が付いていても、僅かですので、赤み好きには、これが一押し。
すき焼きなどに最適。
鉄板や網の上で、スライスなので返しづらいながらも、
サッと焼いて、焼肉としてもグー。


牛肉の肉専用種(宗像黒牛)では、
徳用バラスライス・・・脂肪に風味があって美味しいです。
アスパラや細目の拍子木に切った人参、きのこなどを軽く湯がいておいて、
このバラスライスで巻いてザッと焼くと素晴らしい一品のできあがりです。


鶏肉:紀州鶏では
ブツ切り・・・和洋中問わず鍋物類には最適。
身が美味しいというだけでなく、汁に味わいがでます。
香ばしく焼いてももちろん旨いです。(骨の断片にご注意下さい。)


ハム・ソーセージでは、
ビアソーセージ・・・よほどたくさん売れないと利益が出ないくらいに
価格を抑えた商品で、いつも特価なのがこれです。
軽く焼くだけでスパイスの香りゆたかな一品ができますが、
ピザ、炒飯、スパゲッティ、スープやラーメンの具など、
いろいろとお使いください。
                                  (上西 俊)

0

    蒼生舎のハンバーグ

    ハンバーグのことは、すこし前に書いたのですが、
    お伝えしておきたいことがあります。


    スーパーなどで、ハンバーグは多くの商品が置かれています。
    新商品らしきもので、目に付くものは、参考になるかと思い
    購入して食べてみることがあります。


    が、参考にならずガッカリします。
    そんなに期待しているわけではないとはいうものの、
    イメージしているハンバーグからは遠いのです。


    大手、市販のハンバーグは、生地が練られすぎていて、
    練り製品の如き商品が多すぎます。
    原料として肉以外の副材料や添加物が多く使われているので、
    挽肉と挽肉の隙間がギッシリと埋め尽くされているようで、
    食感が悪いのです。


    肉が少ない分、
    味を補うために化学調味料が使われていますから、
    味が一律というか、
    二口三口食べると飽きてきそうな味付けです。


    では、蒼生舎のハンバーグはどうでしょうか。


    材料は、牛肉、豚肉を主体にして鶏肉も加えられています。
    ハンバーグと言うからには、肉たっぷりが当たり前というものです。


    副材料は、たまねぎの他には、パン粉が少しと、
    つなぎに加えている鶏卵、小麦粉、味付けのしょうゆ、
    香辛料、砂糖、食塩、そしてブランデーです。


    原料肉の持ち味を感じられる味付けをしてあります。


    加工、冷凍に耐えられる線で、ソフトさを維持してありますので、
    食感もまずまずのものに仕上がっていると言えるのではないでしょうか。


    この9月から、製造を委託しているメーカーが変わりました。
    それまで自動焼成ラインでつくられていたものが、
    メーカーの変更により、
    成型の工程が手作りに近いものになりましたので、
    製品の表面が多少デコボコしています。


    レシピに変更はありませんので、
    これまで同様、安心してお召し上がり下さい。
    ご購入のまだの方は、ぜひ一度ご賞味下さい。


    半年の賞味期限がありますから、冷凍庫に保存しておけば、
    いつでも使えて便利です。



    購入希望、お問い合わせは、蒼生舎営業企画部まで。
    http://souseisha.shop-pro.jp/?pid=10014051

    (上西 俊)

    0

      ハム・ソーセージ料理

      「あまり家庭ではつくってなさそうで、
      なるだけ簡単にできる
      ハムやソーセージを使った料理を教えて下さい!」

      とのご意見をいただきましたので記します。
      参考にしていただければ幸いです。


      〇ジャンバラヤ(炊飯器使用3合)
      【材料と準備】
      米3カップ、
      ハム200gを1cmの角切り、
      ウインナー100gを1cm長に輪切り、
      玉ねぎ1個、セロリ1/3本 ピーマン赤・緑各1個、それぞれみじん切り。
      塩・こしょう少々、
      カイエンペッパーは、好みに応じて少々、
      にんにく1片みじん切り、
      トマト2個は粗いみじん切り、
      タイム少々
      チキンスープ3カップ(炊飯器の3号の線に合わせる。)


      1. 米をさっと研いでざるに上げ、水気を切っておく。(30分ほど)

      2. ハムは1cm角に切り、ソーセージは1cm長にして輪切りにして、
         鍋に脂を熱し、炒めて取り出しておく。

      3.2の鍋は洗わずに続けて、玉ねぎ、セロリ、ピーマンのみじん切りを
         入れ、塩・こしょうを加えて、玉ねぎが軟らかくなるまで炒める。

      4.にんにく、トマト、タイムを加え、さらに5分ほど炒める。

      5.炊飯器に、1の米と4の炒めおわったものを合わせ入れ、
         チキンスープを加えて炊く。




      ○フラメンゴソーセージ(4人分)
      【材料】
      ソーセージ4本、
      卵2個、
      ナス3本、
      トマト大2個(中3個)
      ピーマン赤、黄、緑、各2個、
      玉ねぎ1/2個、
      にんにく1片、
      バジルの葉(あれば)数枚、
      オリーブ油、
      食塩、
      こしょう、
      粉チーズ 各適量


      【準備】
      ソーセージは、3等分くらいの長さに切っておく。
      にんにくはみじん切り。
      トマトは、2cm角に切る。
      ナスは、2cm幅に切り、水に漬けてアクを抜き、2cm角に切る。
      玉ねぎ、ピーマンも2cm角に切る。


      1. 鍋にオリーブ油適量をひいて熱し、にんにくを入れ弱火で熱する。

      2. ナス、ピーマンを入れて炒め、その後トマトを入れ、
         塩・こしょうで味を整え、10分煮込む。

      3. 耐熱皿に、2で煮込んだ野菜を入れ、バジルの葉を散らし、
         ソーセージを突き立てるようにのせ、卵を割り入れる。

      4. 3に粉チーズをふりかけ、200度のオーブンで焼き上げる。
           
                                        (上西 俊)

      0

        中国産羊腸豚腸の使用について

        お客様から、「中国産の食材を使用しているか。」
        との問い合わせがありましたので、
        このブログをお読みいただいているみなさまにも、
        現状を知っていただきたくおしらせするものです。


        弊社の加工品製造に使用する原材料は、
        自家生産品、自家生産が無理な場合にあっては
        少なくとも国産品に限りたいところです。


        しかし、


        国産の物流の無いものや仕入が難しいものは、
        輸入に頼らざるを得ないことは御理解いただけるかと存じます。


        ソーセージに用いるケーシング(皮になる原材料)に於いて、
        現在、中国山羊腸及び豚腸を使用しております。


        日本国内では、羊の飼養頭数が少ないこともあり、
        ケーシング用の羊腸は流通しておりません。
        ケーシング用の豚腸も流通しておりません。


        また、日本の羊腸取り扱い業者は、
        輸入業者であり、一から加工する業者は存在していません。


        蒼生舎では、豚を飼養していますが、
        その腸をケーシングにしてくれる業者は残念なことにありません。


        自前でつくることは、自家と殺が禁じられていることと、
        小規模とはいえ、商品化できる量をつくるのは不可能です。


        加工部設立当初から数年間は、
        オーストラリア産の羊腸とドイツ産の豚腸を使用しておりました。


        オーストラリア産の羊腸は、ピンホールや破れが多く製造に手間取り、
        難儀しておりました。
        オーストラリアのケーシング製造では、機械化が進んでいることによって、
        薄い羊腸も機械に掛けられ、ピンホールや破れが出やすいとのことでした。


        また、オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)産の
        羊腸の良品は、大手ハムメーカーの自動充填機用に納められ、
        小さな加工会社には残りの品や大手メーカーからの返品が
        混ぜられて納められているとも言われていたほど、
        良い羊腸が安定的に入荷することはありませんでした。


        試用してみた中国産の羊腸は、オーストラリア産に比べて、
        破れやピンホールがとても少ないものでした。
        中国のケーシング製造は、機械と人手による作業を併用しているので、
        良い品の割合が多いとのことです。


        オーストラリア産を仕入れていた頃は、
        穴あきの多い羊腸は返品するので、
        業者は替わりに厚みのある羊腸を納めてきます。


        そうすると、お客様から「ソーセージの皮が厚くて硬い」という苦情が
        寄せられていました。
        中国産に替えてからは、
        そのような苦情もめっきりと無くなりましたから
        食味上も改善されていると言えます。 


        輸出に際しての検疫証明書が存在することと、
        輸入業者の細菌検査成績書によって、
        衛生上に於いても問題がないところから、
        良品の率が高い中国産を仕入れております。


        豚腸は、ヨーロッパで牛のBSEが拡大した後に、ドイツからの輸入が途絶え、
        中国産を使用するようになり現在に至っています。


        ドイツ産豚腸は現在も流通していないとのことです。
        また、アメリカ産の豚腸が輸入されておりますが、
        量が少なく一定のメーカーのみに納められているそうです。


        従いまして、豚腸に関しては、中国産を使用する他ない状況です。                     

                            食肉加工部 上西 俊
         

        0
          << | 2/2PAGES |